栄養とはなんぞや?パンにはヒトに必要な栄養素がどのくらい含まれているのでしょうか。消化されやすいように、かみ砕いてお話しします。
生命を維持するための源(みなもと)となるもの。生まれた瞬間から一生涯、摂取を続ける必要があります。その全体像とは。

日々の生活に必要なエネルギー源となる糖質。脳をはじめ全身の活動を直接支えています。頭の働きが今一つという方は糖質不足かも。

何かと「悪玉」にされている脂質ですが、不足は体全体の機能が低下し、体温維持にも影響があります。寒さを感じやすい人は脂質が不足しているかも。

たんぱく質は体の機能維持に必要なアミノ酸の供給源です。また、筋肉の増強効果が。パワー不足の人はたんぱく質で目指せムキムキ。

体の機能を正常に維持する機能を持っています。体内では作ることが難しいため、体外からの摂取が必要です。不足すると一見健康体に見えても・・・。

▲ 先頭へ






パンを作るときに欠かせない「小麦」。その中身は、生きるために必要な成分がたっぷりと。パンは最も身近な機能性食品かもしれません。
全粒粉は小麦をまるごと挽いた粉だから栄養素もてんこ盛り。血糖値異常、高血圧、便秘などへの改善効果も。

全粒粉で焼いたパンはサプリメント? 食物繊維、ビタミンB群、ミネラル類は、お・ま・か・せ。

パンを作る穀物は小麦だけではありません。全粒穀物のパンとは。また、肥満大国アメリカにおける取り組みを紹介します。

▲ 先頭へ






パンを作るときに欠かせない「小麦」。その中身は、生きるために必要な成分がたっぷりと。パンは最も身近な機能性食品かもしれません。
                                

▲ 先頭へ