パンに合わせる料理

カポナータ

野菜の旨味が詰まった、イタリアの夏の定番の前菜。丁寧な調理がおいしさの秘密です。


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料(作りやすい分量)

なす 150g
ズッキーニ 150g
セロリ 150g
パプリカ(赤・黄) 計150g
たまねぎ 100g
トマトソース※(下記参照) 200g
ケイパー10g
レーズン10g
松の実 10g
白ワインビネガー大さじ2
砂糖(orはちみつ)大さじ1
少々
白こしょう少々
イタリアンパセリ(みじん切り)少々
E.V.オリーブ油 大さじ10


※  トマトソース
       (作りやすい分量)  
 鍋にEXVオリーブオイル大さじ3とたまねぎ(みじん切り)大1/2個とにんにく(みじん切り)1片 を入れ、たまねぎが透き通るまで炒める。
 ホールトマト缶詰2缶(400g/缶)を加え、木べらでつぶしながら全体を混ぜ合わせる。
 塩小さじ1、ローリエ1枚、タイム1枝を加え、煮立ったら弱火にして、鍋底が焦げ付かないようにかき混ぜながら、約40分煮込む。
 味を見て、足りなければ塩(分量外)を加えて味を調え、仕上げにはちみつ大さじ1を加える。  

作り方

① レーズンはぬるま湯に浸けて戻し、水気を切る。 

② 松の実はフライパンで乾煎りする。 

③ なす、ズッキーニ、セロリ、パプリカは一口大に切る。 フライパンにE.V.オリーブ油を大さじ2入れ、切った野菜を1種類ずつ炒め揚げにする。塩、白こしょうで軽く下味を付け、油を切る。 

④ 鍋にE.V.オリーブ油大さじ2と一口大に切ったたまねぎを入れ、中火で炒める。たまねぎがしんなりしてきたら、トマトソース、ケイパー、1、2の半量、3を加える。白ワインビネガーと砂糖を加えて中火で炒め合わせ、塩、白こしょうで味を調える。 

⑤ 器に盛り、2の残りとイタリアンパセリをトッピングする。


ワンポイント



 野菜の旨味が詰まった、イタリアの夏の定番の前菜。なすをメインにした甘酢煮で、ビネガーとはちみつや砂糖で甘酸っぱい味わいに仕上げて、冷ましたものを食べます。

 野菜はひと手間かけて1種類ずつ炒め揚げにするのがおいしさの秘訣です。野菜の食感も最大限生かせます。料理としていただく場合は、ここにパンを添えて。

 野菜のカットサイズを小さく揃えると、チキンソテーやポークソテーのソースにしたり、サンドイッチ用のソースとしても活用できます。

 フォカッチャやチャバタなどイタリアのパンによく合います。