パンに合わせる料理

トリュフバター

トリュフの香りが存分に楽しめる贅沢なバター。これさえあれば、パンとワインがすすみます。


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料(作りやすい分量)

有塩発酵バター
(できればフランス産)
100g
トリュフのオイル漬け 20g

作り方

①有塩発酵バターは常温に戻す。 

②トリュフのオイル漬けは軽く油を切り、粗みじん切りにする。 

③①に②を加えよく混ぜ合わせる。


ワンポイント

フレッシュトリュフを買うことは出来なくても、トリュフのオイル漬けが手に入るようなら、トリュフバターには挑戦したいものです。 バターはできればフランス産の有塩発酵バターを使うと良いでしょう。日本の有塩バターに比べて塩味がしっかりとしており、風味もよく、トリュフの力強さに香りとのバランスが絶妙です。無塩バターを使う場合は、塩を加えてしっかりと塩味を付けましょう。 薄切りにして軽くトーストした田舎パンやバゲットにたっぷり塗るだけで、ワインが進む特別な一品になります。 サーモンや帆立のムニエル、ステーキなどの肉料理に添えたり、リゾットやパスタに使えばレストランの味わいになります。