パンに合わせる料理

サワーチェリージャム

酸味の強いサワーチェリーは、ジャムやコンポートに加工することでおいしさが引き立ちます。


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料(作りやすい分量)

サワーチェリー(種を抜いて) 500g
グラニュー糖 300g

作り方

①軸を取って洗い、種を抜いたグリオットを計量して鍋 に入れる。グリオットの60%の重量のグラニュー糖を計量する。鍋にグリオットとグラニュー糖の7割を加えて混ぜ合わせ、グリオットの水分が出るまでしばらく置く。

②②種をお茶パックに入れるかガーゼに包む。

③①に②を中火にかけてアクを取りながら約10分煮る。

④③から種を取り出し、ザルに上げて水分を絞り出す。 絞り出した水分は鍋に戻す。残りのグラニュー糖を加え、グラニュー糖が溶けるまで煮る。  

⑤煮沸消毒した保存瓶に入れる。


ワンポイント

そのまま食べておいしい一般的なさくらんぼがスウィートチェリーであるのに対して、サワーチェリーはそのままでは酸味が強く生食には向きません。加工には向いていて、甘みを加えてジャムにしたりコンポートにすると酸味と甘み、香りのバランスが整いとてもおいしく仕上がります。 日本のさくらんぼはスウィートチェリーがほとんどで、サワーチェリーの生産量はごくわずか。手に入る機会があれば、試してみてください!