パンに合わせる料理

エッグベネディクト

パンにベーコン、ポーチドエッグ、そしてオランデーズソースのシンプルな組み合わせが基本です。本来は横から半分に切ったイングリッシュ・マフィンを使うので、2個セットが一人前。ここではカンパーニュを使い、女性に食べやすいボリュームに仕上げました。 パンはトーストして、ベーコンは焼いて、ポーチドエッグもオランデーズソースも全てをあたたかい内に組み立てたいので段取りが重要です!


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料(1人分)

カンパーニュ(12㎜スライス) 1枚
バター(食塩不使用) 4g
ベーコン 1枚
たまご 1個
オランデーズソース※ 30g
エスプレット唐辛子
(黒こしょうでも可)
少々
(お好みで)ベビーリーフ 適量


※ここでは横幅8センチ程の小ぶりのカンパーニュを使いました。ナイフでいただくので、歯切れのよいパンが合います。小型のバンズを半分にカットして使うのもよいでしょう。
オランデーズソースはリンク先のレシピをご参照ください。

作り方

①カンパーニュは軽くトーストし、バターを塗る

②ベーコンは半分に切り、フライパンで両面を焼く

③ポーチドエッグを作る。鍋に湯を沸かし、酢(分量外)を少量入れる。小さなボウルにたまごを割り入れ、鍋の中央に静かに落とす。菜箸で素早く白身をまとめ、白身が固まるまで2分半を目安に茹でる。氷水に取り、水気を切る。白身の形がわるい部分ははさみで切る。

④カンパーニュにベーコン、ポーチドエッグをのせ皿に盛る。ポーチドエッグの上にオランデーズソースをかけて、仕上げにエスプレット唐辛子、または粗挽きの黒こしょうをふる。好みでベビーリーフを添える。


ワンポイント

エッグ・ベネディクトは本来、イングリッシュ・マフィンで作りますが、小ぶりのカンパーニュやバンズで作れば手軽です。

パンにのせるのは、ベーコンとポーチドエッグが基本です。ポーチドエッグの上には、たっぷりのオランデーズソースをかけます。ポーチドエッグにナイフを入れると、半熟の黄身がとろりと流れ出します。 すべての食材を一緒にいただくと、たまごの濃厚なおいしさが実感できます。朝食のイメージがありますがサラダを添えれば、ランチにもほどよい満足感があります。 食材の組み合わせやオランデーズソースをアレンジするとメニューの幅が

                                             広がります。