パンに合わせる料理

バインミー(ペッパーハム)

ベトナムのサンドイッチ“バインミー”はたっぷり野菜と歯切れの良いパンで 暑い季節にぴったりのメニューです。


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料(1個分)

ソフトフランス 1本
マヨネーズ 12g
グリーンリーフ 7g
サニーレタス 7g
きゅうり(スライス) 12g
※にんじんと根セロリのなます 25g
ペッパーハム1.5枚
ヌクマム小さじ1
パクチー 2g
万能ねぎ2g




※【にんじんと根セロリのなます】 キャロットラペ(缶詰)200g、根セロリラペ(缶詰)200gを水切りし、塩小さじ1を揉み込んで軽く絞る。酢60g、グラニュー糖40gを合わせて マリネする。 


作り方

①ソフトフランスは横から切り込みを入れ、カット面にマヨネーズを10g塗る。  

② グリーンリーフとサニーレタスをはさみ、マヨネーズを1gを線がけし、半分 に切ったペッパーハムを並べ、ペッパーハムの上にヌクマム をかける。さらにマヨネーズ1gを線がけし、きゅうり、マヨネーズ1g、なますを順にはさむ。


COLUMN 【バインミー】

 


バイン・ミーとはベトナム語でパンの総称で、一般的にはバゲットタイプのプレーンなパンを指します。このパンに肉と野菜をたっぷりを挟んだサンドイッチが「バイン・ミー・ティットbánh mì thịt」。ティットとは肉のことです。それを略して、サンドイッチそのもののこともバイン・ミーと呼ばれることが多いので、バイン・ミー=ベトナムのサンドイッチとして知られるようになりました。 ベトナムのパン食文化は、約100年に及ぶフランス統治時代にフランス人がもたらしたものですが、そもそもは米食文化です。米は種類も豊富で寿司、白米としておかずといただいたり、チャーハン、おこわ、お粥にしてそのままいただく他にも、フォー等の米麺やライスペーパーに加工され、色々なスタイルで食べられています。食の傾向としては中国の影響が強い中、フランスから伝わって定着したのはフランスパン、コーヒー、プリン等の一部だそう。 ベトナムのフランスパンは、フランスのバゲットとは似て非なるもので、びっくりするほど軽くてスカスカ!クラストは薄くて歯切れがよく、クラムはお麩のように口の中で溶けてしまうような感覚です。バゲットをイメージするとその落差に驚きますが、うだるような暑さの中、現地で食べ続けるうちにとても美味しく感じられてきます。 レバーペースト、ハム類、なます、パクチー等の香味野菜でアクセントをつけるのが定番の組み合わせ。生野菜と肉類がバランスよく組み合わされているのもいいですし、何と言ってもパンが軽いので食べやすいのです。ベトナム南部のホーチミンは年間を通じて蒸し暑い日が続きます。そんな気候の中で庶民に愛され日常的に食べられているバイン・ミーは、日本の夏にぴったりです。夏限定のメニューとして、あらためて挑戦してみてはいかがでしょうか。