パンに合わせる料理

ブリーとマルメラーダのタルティーヌ

コクのあるブリーチーズにマルメロの甘みと酸味を添えて、シンプルながらも奥行きのある味わいに。白ワインによく会います。


栄養成分
エネルギー ● kcal
タンパク質 ● g
脂質 ● g
炭水化物 ● g
ナトリウム
(食塩相当量 ●g)
● mg
※栄養成分は1人分です。

材料

バゲット(10㎜スライス) 適量
バター(食塩不使用) 適量
ブリーチーズ 適量
マルメラーダ 適量
くるみ(ロースト)
適量
マルメラーダの作り方は
リンク先をご参照ください。

作り方

バゲットに常温に戻したバターを塗り、ブリーチーズと薄くスライスしたマルメラーダをのせる。
仕上げにローストしたくるみを砕いてのせる。


ワンポイント

 


ブリーチーズは、カマンベールと並んでフランスを代表する白カビチーズで世界中で愛されています。カマンベールが直径12㎝程の小型であるのに対して、ブリーは30㎝前後と大きく作られています。また、それぞれの名前は生まれた場所に由来しています。本来、ブリーはパリ郊外のブリー地方で、カマンベールはノルマンディー地方のカマンベール村が発祥ですが、今では世界各地で似たようなタイプのチーズが作られています。
どちらも、若いうちはほのかな酸味としっかりとした弾力がありますが、熟成するほどに酸味は濃厚なコクに変わり、ねっとりととろけるような食感に変わります。パンに合わせるときは、ドライフルーツやジャムの甘みと酸味を添えると、おいしさが引き立ちます。マルメロのコンフィチュールを固めたマルメラーダは、チーズのお供にピッタリです!仕上げにはくるみを添えるのもお忘れなく。カリッとした食感と、香ばしいかおりがプラスされることで、味わいに奥行きが出てよりおいしく感じられます。